BLOG

経営業務の管理責任者要件が改正されました

 


 6月30日より適用!!

改正された内容を確認していきましょう。

 経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって資金調達、技術者等配置、契約締結等の業務全般に従事した経験(補佐経験)の範囲の拡大

従前の「業務を執行する社員、取締役又は執行役に次ぐ職制上の地位にある者」等に加え、「組合理事、支店長、営業所長又は支配人に次ぐ職制上の地位にある者」も認められることとなりました。

 執行役員等としての経営管理経験について

執行役員等として建設業の経営業務を総合的に管理した経験(執行役員等としての経営管理経験)は、「許可を受けようとする建設業に関する経験」に限定されていましたが、この改正で「許可を受けようとする建設業以外の建設業に関する執行役員等としての経営管理経験」についても認められることとなりました。

また、許可を受けようとする建設業以外の建設業に関する執行役員等としての経営管理経験については、単一の業種区分においての経験を有することを要するものではなく、複数の業種区分にわたるものであってもよいものとされました。

 経営業務管理責任者要件として求められる経験の期間について

許可を受けようとする建設業に関する補佐経験、許可を受けようとする建設業以外の建設業に関する経営業務の管理責任者としての経験及び許可を受けようとする建設業以外の建設業に関する執行役員等としての経営管理経験については、経営業務の管理責任者要件として求められる経験の期間が6年以上となりました。

つまり、7年以上の経験が必要だったのが、6年に短縮されました。

 3種類以上の経験の期間の合算について

経営業務管理責任者要件として認められる経験(現行4種類)については、今まで、一部種類について2種類までの合算評価が可能とされていましたが、今回の改正で、すべての種類に拡大するとともに、経験の種類の数を設けず合算評価することが可能となりました。

7年⇒6年と1年短縮されただけですが、全ての種類について合算評価をすることができるようになったり、認められる範囲が拡大されているので少しは取得しやすくなるんじゃないでしょうか!

更新が遅れましたが、ポイントとなるところですので更新しておきます。

関連記事一覧

サイト内検索

BLOG

対応エリア

Facebook