NEWS
  • HOME
  • ニュース
  • 建設キャリアアップシステム申請書、HPから取り寄せ可能に

建設キャリアアップシステム申請書、HPから取り寄せ可能に

 【日刊建設工業新聞:2018年5月21日1面記事掲載】

  今秋稼働する「建設キャリアアップシステム」の運営主体となる建設業振興基金(振興基金、内田俊一理事長)は21日、事業者・技能者の登録申請書の取り寄せ受け付けを開始する。システムのホームページ(HP、http://www.kensetsu-kikin.or.jp/ccus/index.html)に取り寄せサイトを開設。近くインターネット申請の受け付けも始める。

 振興基金では技能者、事業者とも5月から郵送での登録申請を開始。16日には事業者21社が東京都港区の振興基金を訪ね、申請書を内田理事長に提出した。登録申請書をHPから取り寄せできるようにするとともに、PR動画(技能者登録編、事業者登録編)や申請ガイダンス動画(概要編、28日掲載)もアップするなどし、早期の登録を促していく。

 ネット申請も近く受け付けを開始。建設キャリアアップカードの発送も始める。6月以降、受け付け窓口や認定登録機関を順次開設し、窓口申請も始める。

 官民でつくる「建設キャリアアップシステム運営協議会」(会長・田村計国土交通省土地・建設産業局長)では、運用開始の初年度として技能者100万人、事業者13万社の登録を目指している。

サイト内検索

BLOG

対応エリア

Facebook