代表者紹介

  • HOME
  • 代表者紹介

 

 ご挨拶

  当ホームページにご訪問いただきありがとうございます。

 代表者|平口隆文

 建設業許可アドバイザー 

「行政書士ひらぐち事務所」 代表

 1967年岐阜県生まれ、岐阜県在住

 建設業許可申請を主力業務とした各種許認可申請のサポートを行っています。

 ※プロフィール

 飲食業関係から食品卸の営業など、様々な職を転々とし、24歳のときに建築内装業(ボード仕上工事)の世界に入り、約5年にわたる修行ののち個人事業主として独立開業。

 数多くの現場に携わってきましたが、どの現場でも「施工がきれい」という評価をいただいておりました。

 そういった経緯のなか、38歳の時父親が亡くなり、相続についていろいろ調べているうちに、法律に関心を持つようになる。

 その後、子供が成長し独立したのを機に、自分のやりたいことに挑戦してみようと、ずっと関心があった法律関係のことで何かできないかと思い、行政書士資格取得を目指して勉強を始める。

 3回目の受験で、行政書士試験に合格し、翌年登録・開業。

 企業と行政との「懸け橋」となる存在になりたいという信念のもと、「建設業許可」を主力業務として各種許認可申請のサポートに日々奔走中。

 ※趣味

 ・音楽鑑賞:わりとなんでも聴きます。

 ・好きなアーティストのライブを見ること

 ・PCをいじること(事務所とプライベートのデスクトップPCは自作PC)

 ※ 保有資格

 ・ 特定行政書士

 ・ 一級内装仕上げ施工技能士(ボード仕上げ工事作業)

  • 当事務所のお約束
  • 基本理念

 1、お話を丁寧に伺います。

 2、伺った相談内容に対し、できる限り迅速に対応いたします。

 3、お客様の日頃の業務などの時間を削られることが少なくなるよう、できる限り最大限にサポートいたします。

 4、真心をもって対応します。(名刺にも印刷しています。)

「人の権利を守り、社会の繁栄進歩に貢献する」

 ・ 志をもち、常に公正誠実に職務を行う

 ・ 国民と行政の「懸け橋」となるべくよう心がける

 ”岐阜で一番声をかけやすい行政書士”を目指します

よく、「〇〇士」って聞くと、少しお堅いイメージをお持ちの方もいらっしゃいますよね?

 私は、自分に対してお客様がそのようなイメージをもってほしくないなって思っているので、敢えて「行政書士らしくない行政書士」ということに拘り、弊事務所を ”話しやすい人” ”分かりやすい説明” ”敷居の低い事務所” にしていこうと思っております。また、私を知ってくださった皆様が、私を見かけたときや訪問した時にフランクに話しかけてもらえる、そんな行政書士を目指していきたいです。