Loading
 

所長雑感

事業年度終了届(決算変更届)

事業年度終了届(決算変更届)は毎年必ず提出しなければなりません。

建設業許可業者は、毎事業年度終了後4か月以内に、「事業年度終了届(決算後の変更届)」を提出しなければなりません。(建設業法第11条第二項)

提出する書類は、「工事経歴書」「直前3年の各事業年度における工事施工金額」「財務諸表」「納税証明書」等ですが、これらの記載内容は、建設業者の営業の進展に伴って常に変動するものであり、それが建設業者の営業の実績を最もよく表すものであるので、許可行政庁において毎年その実績を把握するとともに、公衆の利便のため閲覧に供することを趣旨に求められています。

書類作成上で注意することは、税理士や公認会計士が作った決算報告書は、そのまま使えないということです。

建設業の財務諸表は建設業会計に基づき作成されますが、建設業会計では、一般の勘定科目と異なり、建設業に特有な勘定科目が使用されている部分があり、それらを正しく振り替えていく必要があります。

建設業に詳しい行政書士に頼んでいる方は、その行政書士に任せておけば大丈夫かと思いますが、ご自身で事業年度終了届の作成・提出されている方はその点を注意してください。

また、更新のときにまとめて作成・提出すればよいとお考えになる方もあるかと思いますが、これは建設業法において、毎事業年度4か月以内に提出しなければならないと義務づけられていますので、必ず毎事業年度終了毎に提出しましょう。

関連記事

  1. 各種変更届
  2. 経営業務の管理責任者
  3. 業種追加申請でつまずかないために
  4. 令3条の使用人
  5. 一般建設業と特定建設業
  6. 建設職人基本法
  7. 産業廃棄物収集運搬業許可について
  8. 専任技術者
PAGE TOP