Loading
 

所長雑感

建設業・時間外労働の上限規制

建設業には、2024年4月以降、以下の上限規制が適用されます。

〇原則、月45時間以内、年360時間以内

臨時的にこれを超える必要がある場合でも、
〇1か月45時間を超える残業は年間6回まで
〇残業の時間の上限は1年720時間まで
〇休日労働と合わせても1か月100時間未満、2~6か月間で平均して80時間以内となります。

ただし、災害の復旧・復興の事業を行う場合には、1か月間の残業や休日労働の時間などの規制が適用されません。

詳細については以下、参考までに紹介しておきます。

出典:厚生労働省 適用猶予業種の時間外労働の上限規制特設サイト
https://hatarakikatasusume.mhlw.go.jp/construction_company.html

建設業時間外労働の上限規制わかりやすい解説PDF
https://hatarakikatasusume.mhlw.go.jp/common/pdf/construction_company_KRS.pdf

建設業の時間外労働の上限規制に関するQ&A
https://hatarakikatasusume.mhlw.go.jp/common/pdf/construction_company_qa.pdf

関連記事

  1. 建設企業のための適正取引ハンドブック
  2. 建設職人基本法フォローアップ会議/国交省、安全衛生経費の適切支払…
  3. ゴールデンウィーク中の営業について
  4. そうだ!!行政書士に相談しよう
  5. キャリアアップシステム、5月から登録受付/早期申請で割引措置も
  6. ドローン―活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設に応用/航行技術向…
  7. ホームページをリニューアルしました
  8. キャリアアップシステム/技能者登録、ネットで2500円/運営協議…
PAGE TOP